寝る前以外にもお勧めなタイミングがある!青汁を飲むのはいつがいい?

青汁は基本的に「このタイミングで飲め!」と言う物は設けられていません。

なので就寝前の一杯で青汁を飲んでも結構なのですが、他にもお勧めのタイミングというのは存在します。

効果的に飲みたいのであれば、これから紹介する時間に合わせて飲んでみるのも良いでしょう。

起床後の一杯

起床後は意外かもしれませんが、汗やエネルギーを消費した状態であり、体感では感じづらくても体内は不足している状態です。

不足しているという事は栄養を欲している事になり、直ぐにでも吸収したい程に吸収しやすくなっています。

そこで栄養を取り入れるドリンクを、鉄分やビタミンC等の多くの成分を含んでいる青汁を選べば水分補給と栄養補給も出来て、朝の目覚めにも最適と言える程です。

この際、気をつけたいのは冷たい飲み物だとお腹が刺激でびっくりする恐れがあるので、まずは少量を口に入れて、体を慣らした後に残りを入れるようにして、刺激は控えめにしておきましょう。

朝一番に飲む青汁から得ることができる健康効果と注意点

空腹に襲われそうな時に

青汁だけでは流石に腹持ちが悪く、食事を欲したり食べていても、途中お腹が空いて間食を求めたくなる時があるでしょう。

この時青汁を飲むのがお薦めです。

青汁に含まれている成分である食物繊維は、調べてみると満腹中枢が刺激され、食欲を押さえる為、過食を防ぐ働きをしてくれます。

特にダイエットをしている人は必要な時間だけしか食べないと設定しているだけあり、間食はもっての外と言えますが、空腹には勝てない時には青汁を飲んで満腹中枢を刺激させて我慢しつつ、青汁の栄養を取り入れてスリム化へ一歩進む事も出来ます。

夕食後に飲む

青汁にはケールと言う野菜を使っているのも多いですが、ケールには「メラトニン」が多く含まれています。

これは夜になると分泌量が増えホルモンに睡眠を促してくれます。

それがよりよく現れるのは、摂取から一時間経過した後からと言われており就寝前に飲むよりは、夕食後~就寝前の間に摂取したほうが、時間により徐々に効果が現れるので睡眠しやすくなります。

特に不眠症など悩んでいる人は、ケールが入っている青汁を就寝する数時間前に飲んでからだと睡眠し易いでしょう。

同じ青汁でも飲むタイミングが違うと、得られる効果も違ってきます。

自分が青汁を使う理由をもう一度確認し、それにあった使い方を用意すれば効率的に機能してくれるでしょう。